FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

リアリティだぜ。おっ母さん!

  おっしゃー! いくぜ!

 ロッキーのテーマ

 そうだ!

 闘争を忘れはてたブタは、

 生きている価値なんかない!


 ああ、むちゃくちゃイイ曲だ! 何度聴いても飽きない。





 
 ← 座礁中の迷曲「BABANABURI」
  原曲を作曲したヒト。


 ところで、ロッカ。
 前回の『一曲入魂』 面白かったぞ。
 お前はブタじゃない!
 どーにかボケてないよーだし、オレは嬉しい。
 若き日の♪党首


 最近、桃太郎からメールが来るんだ。

 それがな。……次回をお楽しみに。とか、乞うご期待! なんて書いてあるんだ。


「もしかして……寂しいのかな?」
 とロッカ。


 まあ、寂しいかどーかは別として、「〇〇論」とか、やたら創作じみてんだ。

「元々、作曲家志望だったし、よーするに、創作活動がしたいんだな。才能は、やったらめったらある男だよ」
 とロッカ。


 だよな。会社辞めたらしいから……今度、久々に一緒に飲もうぜ!

「リストラかな? イートコ勤めて、そこそこ出世してた筈なんだが……ま、♪党首、ルンペン道に引っ張り込まんようにな。俺たちの歳じゃ再就職ってのは不可能だからな」
 とロッカ。


 ルンペン道とはなんだ! オレは五感を覚醒させて、精一杯、日々を意欲的に生きてるんだ。

 核武装も、参議院の廃止も、一律年金制も、銃砲刀剣類の自由化も、GOGO定年徴兵制も、サハリンの特区化も、カムチャッカの租借も、私の目的は何一つ達成されていない! 領土問題だって、外国人参政権の問題だって……。ヤバイまんまだ。幹部がみんな入院しちまって、頓挫したままだ! くそ!


「わははは。並べると、上の方は、そーとー過激に聞こえるわな」
 とロッカ。


 本邦初の国家社会主義政党の党首だからな。お前だって党友じゃないか。

「そ。党友。党員じゃない。つーの」
 とロッカ。


 Huey Lewis  The Power Of Love


 ま、どっちにしてもNKSRは、休眠中だから……な。

「ジジイばっか集まってもショーガナイってこと。痛風に心臓疾患。糖尿にアル中。ま、これじゃあな。仲間の団塊ノンベは全滅状態だし、それより我々の歳の、なんて脆(もろ)い事! この調子じゃ60歳まで生き残る奴はいないんじゃないか? ハードストロング飲んべは一気に来る。……な」
 とロッカ。


 休眠中は、ロッカバンドの♪党首をやるよ。

「あははは。若くて有望なヤツはいないのかい? アジト借りて、住まわしてたじゃないか?」

 ああ。アパート一軒、丸ごと借りてた。支援者から格安で。シカシ、兄弟分(スジモノ)の舎弟を何人かあずかったんだが、二階の窓から小便はするは、女は連れ込むは、ボヤは出すは、若いクセに地域の役所の係を脅して、生活保護受けちゃうは、あれじゃ、まるでヤクザのやる事だ。第一、私の掲げる綱領を覚えるアタマなんかないんだ。やっぱ、イレズミ連中はダメだな。思想性ってもんがまるで理解できない。

「アハハハ。お前、ヤクザのオヤブンにしか見えなかったけどなあ」

 正直、ホッとしてるよ。あのまま行ったら、若いヤツの尻拭いで、ブタバコ入る羽目になったかもしれん。今でも〇〇の水道局から未払い分の請求が来る。シカシ、ウチの関東統括本部長の佐藤な。40近い男が職業「サーファー」だもんなあ。まったく、やんなっちゃう。

「お前だって、職業、ルンペンじゃねーか」

 それは違う。職業は、あえて言えば、♪党首だ。

「わははは。♪もつくのか?」

 私は逃げ隠れはせん。誰とでも会う。何処へでも行く。♪党首として!


 続・荒野の用心棒
 DJANGO- 
 やっぱ、イタリヤ語モノはいいなあ。

 ところで……、ロッカが……、政治は持ち込まないでくれ。って言ってるんだが、これくらいは……ま、いーんじゃないかな。面白いし……。

 フランス国営テレビの「お笑い日本の実態! 」総集編

 勿論、面白フィクションで、古ネタだが、日本の基本構造をよく捉えていて、上質なデキだ。な。ロッカ、これだけ。これ一つだけだ。別に政治ブログにしたい訳じゃない。

 そーだ。ザッパ、ひとつ埋め込むから、嫌な顔するなよ。


 Frank Zappa
 Why Does It Hurt When I Pee?


 これは、梅毒の歌なんだ。オレの2個のタマタマは、まるでマラカスだ。って笑えるじゃないか。
 そうそう。私も「マフィンマン・クラブ」の常連だったんだ。(サウンド千一読本 ザッパ様 参照。)


 じゃ、諸君。今回はちょっと、自己紹介みたいになっちまったな。

 でも、我が党は完全に休眠中だからな。ちっともヤバくないんだよ。

 そりゃ、〇〇会の会合に顔を出す事くらいはあるさ。

 主張のある男ってもんは、とにかく恐い。って考えはどーかね?

 でも、まあ、ノー・トラブルで、天寿を全うする事だけが、何より大切だって教わってきたんだもんなあ。

 無理もない。あくまで個人的な事だから、それでイーンダヨ。

 だけど、ヤバそ。とか言って、タブーを作って封印しないで、

 何事にも、好奇心だけは持ち続けたほうがいいと思うよ。ま、余計なお世話かあ。

 AC/DC
 Highway To Hell Music Video



 今の世の中、年金受給って形で、言わば国民が当局のメカケになってるようなもんなんだ。

 年金という〝お手当て〟を貰ってるだけマシだろ? ってなもんで、本人だけじゃなくて息子や、娘だって、何も言えなくなっちまう構造なんだ。

 更に、貰えない人よりはマシだろ? ってムカシの百姓が、被差別民の存在に優越感を感じて、当局に協力してたのと、まるっきり同じ構造なんだ。

 弱いもの苛めを奨励してる構造だ。

 つまり、高齢化社会になって、民度ってものが江戸時代並に下がったって事だ。

 その結果、弱いもの苛めの得意な、卑怯で狡猾な人間が増えてくる。

 当局にとっては、その方が、うるさくなくて、イイって事だ。



 悲しいかな、受給資格のない弱者は、恥ずかしくって、自分を責めながら、それでも「みんな一緒」の幻想にすがりつこうとする。

 民度が下がると視点も下がって、ずるくてコセコセしてくる。

 こうなると、アタリマエな事を言う人間は、「なんだか、ちょっと、ね」ってな感じで敬遠されるようになる。

 お手当てを貰って、愚民として生きる方が楽だからだ。

 私は、リアリティを持つ勇気ってのが、一番大切だと主張している。
  
 自分の立場を都合よく見るんじゃなくて、よく認識するって事をだ。

 何も資格のない人は、戦って勝ち取るしかないって事だ。



 だが、現実問題として、私の父母、オジオバは、すでに〝お手当て〟のお世話になっている。

 私だって少なからず、その恩恵を受けている。

 ムカシだったら年老いた親を養うのは子の義務だ。ルンペンなんかやってられんよな。

 さあ♪党首よ。元気はカラ元気か?

 しょせん国のお陰で、様々な義務を怠って、知らを切って生きてられるんじゃないのか? 

 どーだ? 何か言えるのか?

 どーする? 活路は何に求める?

 ううむ! ううむ!

 くそ! 悔しい思いをするために、生まれてきたんじゃないぜ!

 人の弱みにつけ込みやがって、薄汚いやつらだ。

 こんちくしょー偉そうに。成敗してくれる!

 あのな! 黙って、俺の親父にもっとよこせってんだ!

 オレが満足するくらいよこせ! オレの人生だ! 

 満足させろ! じゃなきゃ、奪い取ってやる!

「あ! ♪党首、やっぱり論理が無かったのでありんすか?」
 と参照太夫。


 ワハハハ。あたりまえだ! アナタも私も神様じゃない!

 宇宙規模で見たら、とっても儚(はかな)い存在だ。

 個人的には刹那的な存在だって自覚こそが、一番大切だって事だ!

 論理じゃない! リアリズムだ! 

 地球は人間が増えすぎたから半分は死ぬべきだ。その方が地球の為だって事も真理だろ?

 成る程と思う。だが死ねないよな。

 これがリアリズムだ。

 ワガママでイーンダヨ。自分の脳みそは自分の中にあるんだから。



 それから、弱者の自覚を持って弱者として生きる。これは横丁の隠居だ。評論が生きがいの。こんな生き方ってのはクソの役にもたたん。

 少しでも強くなるべきなんだ。強者の論理に憧れてる訳じゃない。闘争して勝ち取るべきだって言ってるんだ。
 論理に埋没してちゃ駄目だ! ひとつでいいから勇気を持てって事だ!





 〇いいかね、傍観者ってもんは、そもそも存在しないんだ。

 キミのオバサンがガンになった。高額医療費が物理的に払えない。身体が弱って働けなくなった。

 市役所へ行っても生活保護がなかなか認可されない。一方、中国人はどんどん生活保護を受けている。

 ガンじゃないクセに。ヤクザやソーレンやドーワやガッカイも受けている。


 この現実に腹を立てて、「オカシイゾ」と言えば、その瞬間からキミは、差別主義者の反動で、グローバルが分からぬ右翼の戦争主義者と呼ばれるんだ。実際、オカシイだろ?


  ←そーだな。と思う人は愛のクリック



 強くならなきゃって事なんだ。そーだニーチェでいいんだ。

 強くなったら通る事だっていっぱいあるんだ!

 私の場合、若い者を集めて住居を提供したら、それだけで、圧力団体として機能したんだ!

 団体と喧嘩する馬鹿な個人はいないから、常勝って事だ! ガンのおばさんの役に立つには、まだまだ程遠いがね。私はその為にグワンバッテるんだよ。

 俺はファシストだ! それがいい! そう決めたんだ。これがリアリズムだ! 


 国家社会主義政党の♪党首になったのだよ。な。

 ハトヤマさんよ、金は天下の回り物。溜め込んでばかりいないで、一割でいいから、私にくれてみ? と本気で思っているのだ。


「本当に♪党首のワガママだっきゃ、聞いてて、ウスラ気持ちイーよ」
 とロッカが言った。


 ハトヤマさんから一割せしめた暁には、オマエに半分やってもいい。

「本当か? ヨシ♪党首、俺は味方だ。NKSR続けてりゃ、なあに脈絡のない馬鹿ばっかりだから、政権奪取のチャンスだって来るかも……いや、きっと来る。目指してくれ! ガンバッテくれ!」
 とロッカ。


 おお、ロッカありがとう。流石は心の友だ。

「いや、実際、混迷する政局だ。菅さんが総理だなんて、せんだってまでは、SFにもならんかった。続けてきたお陰だよな。♪党首だって分からんぞお! ハマコーよりは、あきらかに知能が高いし、谷垣よりもずっと育ちがいい。石原慎太郎よりもずーと若くて、小泉の息子よりも、確実にギターが上手くて、田中真紀子よりもイケメンだ。おまけに昔、東国原を、歌舞伎町で、思いっきりブン殴った事があったよな。(実話です)オマエだって、続けてりゃチャンスが来る。きっと来る」

 おお! 本邦初の国家社会主義の理念は、HBEロッカに感謝するであろう。
 ブリキの鉄十字勲章、欲しいか?


「いらねー!

 そか? その謙虚さに、本邦初の国家社会主義の理念は、更に感銘を受けるのであった。
 AGIOの安葉巻だけど……吸うか?


「くれ」

 一本100円でいーから。

「金、取るのか?」

 当たり前だ。

「なら、いらねー」

 そか。じゃ、私がふかそう。


 燃えよドラゴン


 参照太夫でありんす。

 党首の政治活動は、世界征服も含めて〝お楽しみ〟の範疇なのでありんす。

 それから、東国原先生を殴った話ですが、♪党首に直接聞いてみるでありんす。



 簡単に説明するよ。

 当時、歌舞伎町のオールナイト居酒屋の、マネージャーをやってたんだよ。

 ヒガシが「ツーツーレロレロ」の頃だ。

 出入り禁止にしていた。理由は、いつでも金が無いからだ。

 ところが、いつの間にか入ってきて飲んでいる。座敷で若いおねえちゃんのひざまくらに、頭をすりすりしながら。




東国原氏のプライバシーに類する事なので、以下20行、勝手ながら、ロッカが削除しました。

私が検閲する立場になるなんて……。まったく……。♪党首のアホめ!






 とにかく意地汚くて、臭くて、タフな野郎だったよ。





 ヒガシに学んだ事は、勿論すりすりだ。

 下手の考え休むに似たり。と言うではないか。

 ほろ酔いですりすりして甘えれば、やり方によっちゃ、30人に1人くらいは落ちるのではなかろうか?

 勿論これは、歳相応に、奢ってやって、衛生面も不快感がなくて、サイフの中だってリクエストに答えられる程度に持っている場合。買春って意味じゃない。

 つまり下手な会話よりは、オジサマだって意外性のある茶目っ気の方がいいって事だ。


 当時のヒガシも30人に1人くらいは落としていたと思う。

 金がゼンゼンなくて、臭かったにもかかわらず。

 若さって凄い。と言いたいのだが、そんなヤツはヒガシだけだった。

 つまり東国原は凄かったぜ! って事だ。

 とにかく、この執着心は只者ではない。10万人に1人くらいの大馬鹿野郎だと思った。



 Dionne Warwick  Alfie



 え? 殴ったり蹴ったりした数? そんな事は聞くなよ。あはははは。




 友人♪党首の為に、以下10行削除しました。

 オマエ、ちゃんと考えてから書けよ! いいか、世の中、ケツ蹴っ飛ばしたって、暴力つーんだよ。

 具体的に書く馬鹿がどこにいる! 供述書作ってんのか? ボケてきたな! ド阿呆め!





「ねえ。ねえ。ま、ま、ま。ま。許してよ!」
 とか言いながら、甘ったれてやがったのだ。


 当時、私は、ゼンゼン畑違いの電算関係の会社へ転職した。

 もしマネージャーを続けていたら、東国原先生を、もっと殴るはめになった事は確かだ。



 最後に。何故ヒガシがウチの店ばっかり来たのか?

 社長の方針で、種々のレディスサービスがあった。

 アノ時代、居酒屋のレディスサービスってのは、そんなになかった。

 従って、女性客が多かった。

 イロ男の若いマネージャーが、店を切り回していた。これも女性客を増やした一因だ。

 実際、若いマネージャーは、お水の女にモテた。そして年上の、かなりヤバセンの女(有名なバリバリヤッチャンの姉ちゃんだよ)とねんごろになって、(若気の至り)追い込みがきつくなってきたので、お堅い電算関係の仕事へ逃げ込んだ。つまり歌舞伎町から消えたって訳だ。

 ♪党首は、それほどイー男であった。(今でもイー男だぞ!)


 おしまい。









♪党首の知る限り、ヒトの20倍はスケベなアナタ。
いずれ国政に参加するでしょうが、中国や北朝鮮の女性工作員に、
タマタマをニギニギされて、国を売るよーな事のないように。

人間、年取るとドーシテモ弱くなっちゃって、テキに利用されるんです。

だから、アナタの場合は、何時までも若く傲慢でマイペースな、ワガママ人間のままでいてほしい。
それこそが日本の為ってもんです。




人生は短いから、そのうち一緒に、スリスリしに行きたいですな。

アレ以来、私もスリスリが得意ワザになったんだよ。

ルンペンだけど、石鹸は、デオドラントタイプのイーモノを使ってる。

ま。……そういう意味じゃ、ヒガシが師匠って事になりますな。

ガンバレ! ヒ・ガ・シ!








 この後の電算関係の会社の2年間がまた面白かった。

 そのうち書くからな!



 ──♪党首は、文筆活動に目覚めたみたいです。HBEロッカは、分泌活動がしたいです。──

 ←愛のクリック







スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/19 02:23
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。