スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

赤い馬で春よ来い

 三上寛 赤い馬

 間奏部は山下洋輔氏の、

 もはや歴史的な。

 3:50~のトコ。

 そうだ。あのメロディだ。

 なんと! 「赤い馬」が投稿されたではないか! 待ってたホイ! ってなもんです。

生きてるって言ってみろ ←「サウンド千一読本 三上寛特集」

 投稿者はこのお方です。↓
muramatsuhirokiさんのYou Tubeのチャンネル

muramatsuhirokiさん、ありがとう。

いやあ、You Tubeって
イイモンだな。
  
  三上寛ファンの樺山
  (かばやま・若い頃)


 高田渡  「ウヰスキーの歌」


 岡林信康  くそくらえ節
 「懐かしいのー!

 こきゃあがって幾年月。

 みんな年取るよなー」

 と樺山が言った。



 愛する人へ   岡林信康 (バック演奏 はっぴいえんど)


 私たちの望むものは   岡林信康 (バック演奏 はっぴいえんど)


ベトナム戦争反対!
       テン子ちゃん(南洋のオバサン)の若い頃


 春よ来い  はっぴいえんど



当時の団塊の皆さんは、
徴兵制度へ持っていきたい勢力を
完全に潰したんだ。
今になってみるとアレは
徹底的な拒否の姿勢だったよ。
お陰で俺たちも助かった。
韓国なんか実際に
ベトナムに出兵してる。
♪党首       ロッカ




 ←愛のクリック




「オジ連は平和ボケしている」
 なんて、心配する若者がいて、
 またそれを、
「世の中が右傾化しているのでは?」
 と、心配するオジも多い。

 ダガシカシ、戦後の日本人は、それなりに、賢明な選択をしてきたのだと私は思う。(オジの一人として)

 ただし、これからの時代は若いヒトのモノだし、周りは姑息で老獪な国ばかりだ。

 オジ連も上品に平和ボケを続けていられないかもしれないね。

 そうしたいのは山々だが。

 70's フォークソング ダイジェスト




 と締めくくるつもりだったが、♪党首としては、そーもいかない。






 右と左も、資本主義と共産主義に分類できる時代はカンタンだった。

 現在は、中心にガンコ者(一徹なヒト)がいる側が、どうしても強くなる。

 簡潔に言おう。

 ──たとえ中国に占領されても天皇制が無くなった方がマシだ。

 ラブ&ピースな心情的左翼の中心点で、こんな思想のヒトタチが、漬物石のようにガンバッテいるのだから、これは強い。

 この一徹な思想に対抗できる思想は、残念ながら、今は無いのだ。

 ──侵略じゃなくて進出だった。

 ──向こうから先に撃ってきた。(そもそも中国大陸での話なのに)

 ──経済封鎖の結果、仕方なく奇襲した。(真珠湾)

 こんな、説得力のない、卑怯千万なヘタレ発言で対抗できる訳がない。

 侵略は侵略。大いなる野望を抱いて、その結果、徹底的に負けた。それでイイではないか。


 ヘタレ発言を続けてきた結果が、

 ──韓日友好(日韓じゃなくて)

 なんて、ヘンチクリンなスローガンを掲げるエセ右翼に、牛耳られるはめになったではないか。

 もう恐くて自浄できぬ程、はびこらせてしまった。

 こんなていたらくだと、そのうち、右翼イコール在日とか、右翼イコール媚中派って事になるかもしれない。

 極左と一緒に、天皇制を打倒するのかね?


 真の右翼は自浄せよ!

 ヤクザの舎弟になっている右翼とか、例の朝鮮翼に牛耳られている右翼なんて、最低じゃないか。

 その為にも、ご都合主義的アナクロニズムから脱却せよ!

 負け犬の遠吠えのような、ガキのリクツを卒業して、知的に向上せにゃイカンよ!


解りやすい資料だが ←中程から、いま話題の「外国人参政権」について書いてある。

タイトルのつけ方が下手だねえ ←よく読んで。有益な資料だよ。

 タイトルがゲバくて嫌な感じがするかもしれないが、とてもイイ資料だよ。よく読んでみて。







 こんな有様じゃ、やっぱり私の、本邦初の国家社会主義政党、NKSR党の出番かね?



「オイオイ ♪党首さん! 気持ちは解るが、そのへんにし

て下さい」

 とロッカが言った。



はいな! ちょーど終わるトコだ。

 じゃ、諸君へ最後の曲を贈ろう。


 薔薇と野獣  細野晴臣
 細野サンは、若い頃から
 オッサン臭かったナア

 ♪党首の大好きな一曲



 ←そりゃ、どうしても、憂いてしまうわな。
 で、愛のクリック。














 本邦初の国家社会主義政党、NKSR党 ♪党首の今後の活動予定

 ずっと休眠してきた我が党、NKSRなのだが、活動を再開するつもりだ。

 幹部が老齢化の為、病気がちで休止した次第なので、若い幹部をゲットするつもりだ。

 まずは「〇△会」の勉強会などに出席して、意見を交換し、人材を捜そうと考える。


 いずれにしてもこれからの国粋主義は、もっとカラフルで柔軟なものにならなきゃイケナイ。

 ウチは親ロ派なので、北方領土やサハリン関係との付き合いも大切だ。(ムネオか? って。アハハハ)

 韓国はロシアの石油パイプラインをうまうまとゲットしたではないか。(これは、私の持論であった。)

 サハリンからの引揚者に銀杯を配る(笑える話だが、今時の、本当の話だよ。文春とか新潮にコッソリ期限付き広告を出したって誰が気付くと思う? 私の親族は皆、貰い損なった。悔しい。いや、セコイ話じゃないよ。こんな不毛な企画を次々と企てている当局の犯人を、あぶり出してやる事も活動の一環なのだ。)





 あ! 解ったでありんす!

 告発されたくなきゃ、ウチの一族へは金杯を配れ。って事でありんすな。

 と参照太夫が割り込んだ。


「え? 何処にあるの? 金杯、見せて! 見せて!」

 と金フェチの善行が言った。




 あのなあ。オマエラ、真面目にやってんだぞ!

 それじゃ。諸君、元気出して行こう。♪党首でした。





「ま、この男(♪党首)は、活動と称して、一週間ばかり、アチコチで色んなヒトと飲み歩くと、疲れちゃうんだよ。

そんでもって、休息と称して、また、近場へ戻ってきて飲む。あっはっはっは。そーゆーこと」

 とロッカが言った。




 まぜっかえすなよ!






スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/08/30 01:03
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。