FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

EL&P

 Emerson, Lake & Palmer

  Tarkus Medley (Part 1)

 『これぞモルガン弾きロッカの原点』

 と、真っ赤な嘘を書いてしまった。



 ワッハッハッハ。本当は、難しそうだから、当時は無視してました。

 パーカッシブの効いたオルガン音には憧れてたけど……。ハモンドは、めちゃくちゃ高くて買えなかったからね。ヤマハやテスコは、パーカッシブなんてトンデモナイって感じのヘロい音だった。

 だから、ギターばっか弾いてました。

「やっぱ黒人よ。ブルースがなくっちゃ」とか言いながら、実はジミー・ペイジを愛していた。

 その後ザッパ先生に捕まったけど。



  Karn Evil 9: 1st Impression

 ↑ウチのカミサンがダウンロード販売で買ったんだよ。ユーチューブを知らない頃。

「ハハハ。カミサンはモルガン(イモ・オルガンの意)弾きが好みなんだな」
 とロッカ。


 ──ドゲシ! と、ロッカが蹴られた。

「キース・エマーソンはちゃんとしたオルガニストよ! モルガン弾きじゃないわよ!」
 とカミサンが言った。


  Knife-Edge

 後半がフーガになるのがウリでした。くそ。ダメになったか。

 こっちがあるぜよ↓ ジャリジャリ音がスゴイ! レコードじゃあ!

EMERSON LAKE & PALMER Knife Edge vinylo..... 投稿者 yarduag2009
              2:40 ↑ ~もはや歴史的インプロビゼイション

  Living Sin

 このバンドは、基本的にガキのノリだった。

 と、切って棄ててる訳じゃないんだよ。

 ただ、楽器が上手い奴が集まって、上手さをウリにしてたって事で……。
 勿論、グレッグ・レイクは超一流のシンガーソングライターで、実際、イイ曲つくるよね。
 エマーソンのアドリブは今でも勉強になるし、ま、その……好きな曲は多いし、聴く頻度も高いんだけど……。
 も一つありがたみが無いちゅーか……。いや有難い曲も多いな。うーん。



 困ってるでありんすね。

 参照太夫でありんす。

 つまり、カール・パーマーのドラムでありんすよ。

 じゃらじゃらウルサくて、ヨタリかたが、ガキ臭いのでありんす。

 ま、それが、プログレ・ドラムを決定づけた訳でありんすが。

 ガキ臭いドラムには当てはまる言葉が無いのでありんす。

〝軽い〟とか〝重い〟で、かたづける人は、音楽を知らない人でありんす。

 だから評し難い。

 ヨタリかたがオヤジ臭いと、シブイのでありんす。

 でも渋いドラムだと、トリオでの華やかさが出ないのでありんす。




 えー通りすがりの♪党首です。

 このバンドとアメリカン・ブラス・ロックの「シカゴ」には、共通のニオイを感じます。

 まっすぐ育った中流の、まあ、良家の子女風とでも申しましょうか。

 そんな青少年が、ロックの事を一生懸命考えてるって感じの音です。

 だから好感を持ちます。シビレルってのとは違って、成る程イイネって感じだね。

 つまり、掘り下げるべきじゃないのだ。



 私の一押しはこの曲!


 Keith Emerson  幻魔大戦

 映画館じゃ、戦いの効果音がウルサクて、せっかくのテーマが聴こえなかったのだよ。

 シカシ・・・こうやって聴いていると・・・なんだか効果音が欲しくなるな。

 ──シュピーーーン! とか、ズゲゲゲゲゲ! ってな調子の・・・

 ワハハハ。人間様は、まことに勝手だな。

 これがもう30年モノだってんだから、感無量。






 流石は通りすがりの♪党首。含蓄があるじゃないか。
 で、愛のクリック。



スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/16 02:32
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。