FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

和製もシビレた

「ここは激戦区ね! もう4回もオシャカになってるわ」
 とピンク。


「どーだ。夏場はこっちのコスチュームの方が絶対いいだろ?」
 とブルー。


「ホント。レッドのセンスだけは、ついていけないわ」
 とピンク。


「まったくアイツ(レッド)は下品でイカン! だから成れないんだ」
 とブルー。


「しっ! 成れないなんて……、聞こえちゃったら、また、泣くわよ」
 とピンク。



【別れの朝】 ペドロ&カプリシャス


「しっかり聞こえたワイ! ウ・ウ・ウ・」
 とレッドが泣いている。


「オジサン、ナキムシデスネー」
 とめくりちゃん2号が言った。


(何故泣くのか? 何処から来たのかは、それぞれの画像をクリック)


【北国の二人】 ブルーコメッツ

「ハア。ブルコメ。懐かしい。この曲は、美那子との記念すべき曲なんだ」
 と、善行↓
【超電導美那子WXY】 美那子の部屋



【エメラルドの伝説】 ザ・テンプターズ


 原田芳雄/横浜ホンキー・トンク・ブルース


ブルースマンとしても大好きでした。合掌!

 本当にカッコイイくせに、のほほんと生きてる感じの原田さんに憧れていました。

 なんとなく〝心の支え〟にしていた人って、多いんじゃないかな?

 勝手な話だけど……死んじゃった人には、したくない人なんだよ! どっかで生きててほしい人なんだよ!


 なんだか脱力感が……人生って……本当に短いですね。

 若い人は、好きな事をやった方がいいよ。アっという間だから……。

 私らは……日、一日を大切にって……。はあ……。


ああ、あの熱い夏の日の新宿。サブナードの工事も大詰めで、もうすぐ完成との事だった。
オールナイトのロック喫茶「レインボー」では、日雇いで働くフーテン兄ちゃん達が、洋服を交換し合っている。

「オレさあ、明日デートなんだよ。それどーせバーゲンの安物だろ?
コレと代えてくれよ。洋モノでサ。高かったんだぜイ」

「だって、臭いよコレ!」

「臭えから頼んでるんだよー!」


三丁目の「蠍座」で見た『赤い鳥逃げた』
インポ役を演ずる原田芳雄には……。
感無量でありました。私も善行も泣きました。





【メリー・ジェーン】 成毛滋&つのだひろ(当時は☆もなかった)

「懐かしい。う……う……(泣いている)ハア。蘇るあの頃」
 と、善行↓
【小野寺善行青春編1 切り裂かれた空】 いけるくち


「あ~ら、ウチの店じゃ今でも、ラストにかけてるわよん」
 とオカマのナミちゃんが言った。↓
【江守友和の冒険 蛭(ひる)】 エスパー友和




 村八分 「んッ!!」


 へえ。村八分。過激でありんすなあ。

 そう言や、昔、ロッカのやってた飲み屋にメンバー全員つれてきて、リハのテープかけてたでありんすな。


そうだ。隣の地下スタジオで練習してたんだ。終わってからウチの店で、飲みながらモニターしてたんだ。『TEARDROPS』の頃だ。一人でも飲みに来た。(暗~い一人酒。な。)
 冨士夫ちゃん。元気かな? って、
元気ってのとは違う人だよな。生きてるかな?


 くそ! 「んッ!!」 が聴けなくなったぜ! イー曲だったのにィ。
 誰かアップしてくれ!



 村八分 「あっ」
 ん? 1971と最初にテロップが出るけど、71年の録音じゃないと思うよ。71年は、まだスネアの音が、こんなにヌケてないんだ。

 コメント欄に、71年?73年4月8日でしょうよ…と書いた人がいる。

 おそらく、その通りでしょう。詳しい人だな。ちょうど、73年頃の音ですね。

 こっちゃ、キャバレーバンド入門の頃。アハハハ。

 しかし、カッコイーな。

 ほちょー! まさにロック史だね。



「おっ! バリバリだな! 
 ……なあロッカ、中島ラモさん、紹介してもらうんだったな。
 ラモさんの文章に、よく冨士夫ちゃんが出てくる。トモダチだったみたいだ」
 と党首。


「あの頃、『ガダラの豚』、まだ読んでなかったから……。アハハまだ書いてなかったりして。
 本当に惜しい人を……ヒトの命って、儚(はかな)いよなあ」
 とロッカ。


「……合掌。……俺が死んだら、誰か惜しんでくれるかな?」
 と党首。


「その前に、世界征服するんだろ?」
 とロッカ。



 TEARDROPS  谷間のうた


 このベースの彼に、ミックジャガーの来日公演チケットを2枚、女房の分と、ぎりちょんで入手してもらった。ありがとね。

 コンサート会場じゃ、みんな、ほとんどトイレで過ごしてた。TEARDROPSはトイレが好きなんだ。アハハハ。

「キメてくるぜ!」こればっか。ワハハハ。

 聴く暇ネーダロ? って感じ。


 当時の私は、夜の商売人だったから、暗黒街の商人って顔をして、売人じゃないよ。誰とでもニヒルに付き合っていた。

 ダカラ、党首のような恐モテとも、平気で付き合えるんだな。

 それから、店に自分のオリジナルのテープを置いて、有名無名の別なく、ミュージシャンと名の付くヒトには、必ず、ムリヤリ聴かしていた。大迷惑店だね。

 アンサンブルの講釈をタレながらね。ああ、おっ恥ずかしい。

 当時のお客様、いつもアタタカイ拍手をありがとうございました。

 TEARDROPSは、ドラマーもギタリストも、(映ってます。)みんな本当にイイヤツでした。過去形じゃマズイかい?



 ←愛のクリック




HBEロッカバンド今後の展望


「そうだ忘れちゃイカン。世界征服だった。……とりあえずロッカバンドの曲、ユーチューブに投稿してみようか? 参照太夫の簡単なアニメ付けて」
 と党首。


「パラパラアニメでも……って……やっぱシンドイな。カバもマーリンちゃんも怒るぞ」
 とロッカ。



(初代参照太夫はゾンビ樺山が、今のはマーリンちゃんが描いている。ゾンビ樺山はロッカの幼馴染。マーリンちゃんは美人で人妻。)




HBEロッカバンド 座礁中の迷曲 歌も入ってない。BABANABURI

「だいたい、ヒトが真面目にアレンジしてやってるのに……タイトルが『婆なぶり』だもんなあ……。ホントに、お前って奴はなあ……」
 と党首。


「にゃっはっはっは。そーだ。言っとかなきゃな。今度、バンドもリニューアルする。〝完全バーチャルバンド〟だ」
 とロッカ。





【ここでロッカは悪巧みを始めた。党首を相手に。勿論、BABANABURIをモニターしながら……】




「完全バーチャルバンド?」
 と党首。


「そーだ。HBEロッカバンドは、オヤジバンドとか、エロ小説とは縁を切って、独自の道を行く事にした」
 とロッカ。


「コラボはやめたって事か?」
 と党首。


「そーだ。HBEロッカバンドは〝完全バーチャルバンド〟となって〝妖怪バンド〟にする」
 とロッカ。


「また、思いつきで言ってるんだろ? ま、〝思いつき〟が〝すべて〟なんだけどな」
 と党首。


「ギターの目次めくり。ドラムの参照太夫はそのまま。こいつら元々マンガだから〝座敷わらし〟みたいなモンだ」
 とロッカ。


「わははは。成る程。参照太夫って座敷わらしだったのか。そう言や〝まんま〟だな。うぷぷぷぷ」
 と党首。


               なんでありんすかー! みどもは妖怪と違うでありんす!

 もー! 失礼ね!

めくりちゃん


「……な」
 とロッカ。


「うん。くすくす。納得」
 と党首。


「ギタリストの小野寺善行は〝妖怪エロオヤG〟ってのに、なってもらう。もっとデフォルメして……。オトナのギターも欲しいからな」
 とロッカ。



「あのね。わたしゃ〝官能オヤG〟の方がイーンデスけど……」
 と善行。


「変態オヤGとか、ま、ゆっくり決めよう」
 とロッカ。


「唄はどーする? いっそアレ(初音ミク)でも使ってみっか?」
 と党首。


「ヘスが……まだ歌ってないけど……天才だからな」
 とロッカ。


「お前がちゃんと、お膳立てしないからだよ」
 と党首。


「そう言や、ウパニシャッドナントカって名前がいい。ってアイツ言ってたんだ。だから、インドの妖怪にする。妖怪サンダラギー・ヘスとかなんとか……マンガキャラになってもらう」
 とロッカ。


「モルガン(イモ・オルガンの意)は?」
 と党首。


「HBEロッカでいいでしょう。どうせコイツは、虚飾の魅惑のメザシだからな。ま、今後はゲロ可愛いマンガを作ってもらう」
 とロッカ。


「虚飾の魅惑のメザシって? お前、ノーミソ、そーとー空回りしてるな」
 と党首。


「ああ。ノーモア、ノーミソなんちって、今日は非常に調子がいい!」
 とロッカ。


「俺もマンガになるのか。なんだか燃えてきたなー!」
 と党首。


「よし! 寝ころびながらバンドをやろう! 完全キャラモノバンドだ! ……場合によっちゃバンド名だって……何かイーのがアルカポネ?」
 とロッカ。


「うーん! 収集がつかなくなってもなあ……」
 と党首。


「いっそ、モロ〝妖怪バンド〟ってのどう?」
 とロッカ。


「うーん。それは、もう、ありそだな」
 と党首。



 ←愛のクリック










スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/12/14 22:21
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。